13

10/16

工場内の間仕切り

6:34 PM by addminz. Filed under: 未分類

工場内の間仕切り

製造業の多くは自社の工場においていろいろな工程が共存する状態です。
工場内の作業環境や衛生管理の改善、保温・保湿など他工程との間仕切りは必要になり、なおかつ透明にしておかなければ中の作業が確認しにくくなります。
そのため透明ビニールシートを使った工場内の間仕切りで工程の区分けを行い作業を効率的進めるよう考えているところが多くあります。
その方法は間仕切りブースの設営や透明カーテン、シート、テントを使い分けています。
工場が大きくなればこの効果は顕著に現れると思います。
これらの簡易間仕切りアイテムの設置は専門の業者が必要になります。
作業効率の観点から見るとこの仕切りアイテムは簡易システムであるためにコストも低く抑えられ、工場内の他工程の作業も確認できるメリットも多いと思います。
工場・作業場の環境改善と作業工程の効率化の双方を満たす画期的なアイテムだと考えられます。
当然作業内容、作業環境の違いで導入するアイテムは上記に記した使い分けで対処できます。

作業場・工場内の空間を間仕切りするアイテム

工場内での間仕切りにはどういったアイテムがあるのでしょうか。
作業環境の改善、他工程との区別により作業に集中しやすくなるなどの効果を期待して、簡易テント・カーテン、シートでの間仕切り、工程での飛沫防飛散防止、防音、保湿・保温、衛生管理・防虫、冷暖房の省エネ、防塵などいろいろな要因に対応できるアイテムが考えられます。
素材も透明で採光も確保し、仕切りの中が目視できるようにしたり、目隠ししたりと用途に合わせて使い分ける事になります。
簡易なシステムですので大掛かりな設置工事も必要なく、短時間で設営も可能でコストも低く抑えられます。
これらの事を総合してみると、工場内での間仕切りは工場という大きな空間の再構築をする事でもあります。
またデメリットとして考えられるかぜにあおられてしまうところも、本体に補強材を入れて抑える事も可能です。
これらのアイテムを実際に設置すると簡易設置であるため、防火・耐火、不燃使用には対応せず、所轄消防署との協議が必要な場合も考えられますが、移動性やさまざまな間取りにも対応し工期も短期ですむと言う利点もあります。

間仕切りによる工場内の環境改善

作業場・工場内の間仕切りの素材によって環境や衛生管理の改善が進み、新しい素材を使った用途の拡大が見えてきました。
ポリエステルやアクリルなどの素材は採光に適し、紫外線カット効果のあるUV素材はオゾン層破壊による紫外線の健康被害を防ぐなど現在では欠かせない素材も多くあります。
また防塵効果、飛沫飛散防止効果、防虫効果、防音・消音効果、など衛生課印利の進む病院や健康施設には必要不可欠となってきました。
単に工場内の間仕切りと言うだけでなく、デザイン性も重要視されてきています。
例えばテント素材に関してはヨーロッパを中心に世界の多くの街で景観や建築物を美しく演出する一翼を担ってきた歴史があります。
現代の間仕切りの素材にはこの歴史を踏まえてデザインや色の美しさを長く保持する事が可能となってきました。
さらに軽量化により移動や変形などこれまでにない使い方も可能となりその用途は大きく広がってきています。
工場内の間仕切りに最適の素材
新しい素材の活用は工場内に限らず、現代社会において私たちの生活に潤いと豊かさをもたらす可能性を秘めた製品分野だともいえます。

この投稿へのコメントの RSS フィード。


現在、コメントフォームは閉鎖中です。