10

08/16

サラリーマンでも可能?アセットリードのレジデンシャル投資!?

9:24 PM by addminz. Filed under: 未分類

サラリーマンでも可能?アセットリードのレジデンシャル投資!?

あなたは「レジデンシャル投資」という投資手法を知っていますか?レジデンシャル投資はアセットリードが開発した不動産投資商品で、収入の少ないサラリーマンでもできる投資の方法です。
マンションの中でも主にワンルームマンションのようにコンパクトなタイプのマンションを取り扱います。
では、なぜサラリーマンでも可能な投資なのでしょうか?それは、レジデンシャル投資はローンを組むことができるからです。
ローンを組んで不動産を仕入れ、マンションのオーナーになると、家賃収入で得た収益をローンの返済に充てることができるので、ローンと家賃の差額の負担だけで資産の運用ができます。
不動産投資と聞くと、「ハイリスク・ハイリターンなんじゃないか?」という疑問が出てきますよね。
確かにバブル時代の不動産投資は地価が安い時に不動産を仕入れ、地価が高くなった時に売って儲ける手法でした。
しかし、現在は地価が下がることが考えられるので、「安い時に仕入れ、高くなったら売る」という方法には大きなリスクがあります。
一方、現在の発想として重要なのは「人気のあるエリア」において、「地価ではなく、家賃の変動が少ないマンションを一部屋単位で仕入れ、家賃による収入を確保する」という「ローリスク・ミドルリターン」の考え方です。
アセットリードでは、ハイリスク・ハイリターンの投資ではなく、ローリスク・ミドルリターンの不動産投資を行うことができます。

アセットリードのレジデンシャル投資で将来に備えよう

今の時代は景気の流れが分からず、将来どのくらいのお金が必要になるか分からないですよね。
地価の上がり下がりに一喜一憂するハイリスク・ハイリターンの投資では、上手くいかないと将来に備えるお金も失ってしまう可能性があります。
アセットリードのレジデンシャル投資はローリスク・ミドルリターンの投資手法なので、リスクが低い分、将来に必要なお金を備えるのにも役立ちます。
将来というと、まずは老後のことが不安になりますよね。
年金を受け取る年齢がどんどん高くなり、受け取れる総額も減って行っています。
レジデンシャル投資は年収の少ないサラリーマンでも可能な投資なので、家賃による収入は年金の代わりとして有力ですよね。
さらに、レジデンシャル投資は生命保険の代わりとしても利用することができます。
レジデンシャル投資でローンを組む時に「団体信用生命保険」に加入するので、不慮の事故で障害を負ったり、死亡してしまうなどの理由でローンが支払えなくなった場合、保険が適用されオーナーに代わってローンの残金が一括で支払われます。
アセットリードが行う良い投資の仕方
オーナーやオーナーの家族に「ローンの終わったマンション」が残り、マンションの資産に相当する保険に加入していることと変わらないので、保険料の見直しにも役立ちます。
アセットリードのレジデンシャル投資は年金の不安解消、保険としての役割があるので、従来の不動産投資に疑問を持っていた方にもオススメの投資です。

この投稿へのコメントの RSS フィード。


現在、コメントフォームは閉鎖中です。