30

06/16

阪南発祥のハンナンフーズ

9:29 PM by addminz. Filed under: 未分類

阪南発祥のハンナンフーズ

私は初めて知りましたが、ハンナンフーズグループは、1947年に創業した食肉総合企業だそうです。
ハンナンという社名は、どうやら「阪南」からきているようですね。
現在では、国内に23社、海外に5社を展開しているそうで、国内では北は北海道から南は九州まで広いエリアに進出しており、もはや「阪南」の域を超えて活躍しています。
提供している商品は、主に「原料」と「製品」にわかれており、「原料」に関しては数種類の牛肉・豚肉を扱っています。
ところで、主婦である私は、毎日のようにスーパーに足を運び、かなりの頻度でお肉を購入しています。
ただ、牛肉、特に和牛は高いので、なかなか手を出せません。
そこで、牛肉を買う場合はオージービーフを買うことが多いのですが、どれを選んでいいのか正直わからないんですね。
お肉の部位は作る料理によって配慮しますが、その他はスーパーへの信頼感と価格で選んでいます。
ところが、お肉によってやっぱり味が違うんです。
高ければ美味しいというわけでもなく、和牛よりオージービーフが美味しい時もあります。
ハンナンフーズのように、原料について詳細な情報を提示してくれると、選ぶ時の貴重な判断材料になります。

原料にこだわるハンナンフーズ

近年、トレーサビリティという言葉が注目されています。
トレーサビリティとは、一言でいうと生産履歴管理システムのことで、商品が生産される段階からお客様の元に届くまでを確認できるものです。
そして、ハンナンフーズでは、このトレーサビリティ制度に則って製造した、安全で美味しい国産牛肉を「ファーストビーフ」として販売しています。

他にも、独自のハーブを使用した飼料で育てたハーブ牛(ハーブは、牛にとってもストレスを減らし健康を促進する効果があるそうです)、漬け梅(梅酒を作る過程で発生するもの)を毎日1kg以上食べて育った大阪梅ビーフ、また、オープンプレーリー・ナチュラル・アンガスビーフといって、ホルモン剤・抗生物質を使用せず、大自然の中でストレスフリーに育てたアメリカ産牛肉など、ユニークなコンセプトの牛肉を提供しています。
何だか美味しいお肉が食べたくなってきました(笑)。
尚、ハンナンフーズでは、牛肉だけでなく、こだわりの豚肉も提供しているようです。

この投稿へのコメントの RSS フィード。


現在、コメントフォームは閉鎖中です。