20

11/15

子どものころに祖父から送られた大切な天使のはねのランドセル

1:57 PM by addminz. Filed under: 未分類

子どものころに祖父から送られた大切な天使のはねのランドセル

小学校に入学する前には、子供たちはいろいろと準備に大忙し。
大人になって思い出すと、あの当時いろいろな支度をしていたなとは思うのですが、当の子どもというのは全く忙しいなどと思いもしません。
おじいちゃんがランドセルを買ってくれたという意識もなく、ただただピカピカの新品が来たことだけを喜んでいたものです。
私自身は、母方の祖父に購入してもらったのですが、あの当時祖父が、自分のもののように、この商品はこういう良い機能があると説明してくれました。
どうしたら快適な学校生活が送れるだろうと考えて選び購入していたかを思い出します。
天使のはねを持った子供たちがランドセルを背負い元気に登下校する。
祖父はそんな想像をしていたのでしょうか。
決して私は天使のはねを持った完璧ないい子ではありませんでしたが、祖父の言葉や態度を思い出しては、愛情を思い出し、純粋な気持ちを思い起こすのです。
せっかくのランドセルが入学初日から傷をつけて帰ってきた時、祖父が悲しい顔を見せていました。
それを見て私は大切にしなくてはと。
そういう体験も大切な思い出です。

親の気持ちを天使のはねのランドセルで感じ取ってくれている

小学校に入って初めて子供同士が話題にすることが多い自分のモノとは。
それは、きっとランドセルでしょう。
僕の色のランドセルは何色か、私の色はかわいいなど。
そして最近ではランドセルも同じフォルムに見えて、明らかにそれぞれの個性豊かなモノになっています。
子供がモノを大切にし個性を主張しつつ成長していく。
大事なことです。
でも本当に大切なわが子の毎日の学校生活を考えて購入すると、親の個性というか考え方も、しっかり子供に伝わっていくだろうなと感じています。
中でも、天使のはねのように、どれだけ背負って毎日元気に学校に行っても壊れず、疲れない。
そういう心遣いって必ず子供は感じ取ってくれているなとわかります。
そういう個性もあり機能も高いランドセルを気に入っているのが、前の日の晩に宿題や教科書を丁寧にそろえて入れている姿を見ているとなんだか微笑ましくて、うれしくなってきます。
明日も天使のはねを背負って元気に勉強してきてほしい。

丈夫で姿勢もよくなるランドセルは天使のはね

近頃の子どもは、テレビやインターネットと家で楽しめるものが多くなったせいか、外で元気に遊ばなくなったといいます。
そのせいか、姿勢が悪い子も多い。
そこで我が家の小学校に通った我が子のランドセル選びは慎重に行いました。
毎日背負うモノなので、疲れにくいことが何より大事。
だったら天使のはねはどうだろうということになり、ランドセルを実際に見に行きました。
実際に背負わせて…試着というんでしょうか…みたところ、まだ小さかったうちの子でもしっかりフィット。
普段姿勢が悪かったのに天使のはねシリーズのランドセルを背負った途端、心なしか姿勢もまっすぐに。
近所の子供で礼儀正しい子供がいたので、ちょっと聞いてみたところ「僕も天使のはねだよ」とのこと。
どうやら小学校高学年になってもフィット感は持続するということがわかったのです。
ランドセル天使のはねを使ってみる
その当時しっかり調べて購入したおかげで丈夫で長持ちで汗や雨にも強いランドセルを、6年間使い切り、そのまま捨てるのはもったいないと親戚の子供に差し上げてしまったくらいです。
みなさんもじっくり考えて選んでみてはいかがでしょう。

この投稿へのコメントの RSS フィード。


現在、コメントフォームは閉鎖中です。